読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか降りるまでの足跡

ポツポツと気ままに小さな赤いおじさまを愛しているブログ。

関タメ個人的総括。

おつかれさまです。

ツアーも無事に終わり、もう「なぐりガキBEAT」発売ですね。
ツアー終了お疲れ様という気持ちと、次は夏、楽しみにしていますという気持ちの中でいろんな発表やメディア露出がされていくのがすごく幸せ…!となっている今!やっと!関タメの感想、総括をしなくてはと焦り始めました…のんき…



ということで。
今回はわたしがLIVEに入って感じたことをつらつらと残していきます。
ありがたいことに福岡公演両日に入らせて頂いた幸せと感謝をこめながら。
宜しくお願いします。




今回のツアータイトルは
関ジャニ's エイターテインメント』。
どうして彼らはアルバム無しのツアーにこのような名前を付けたのだろうと思っていました。

ニズムで同じようなことやったじゃん。

なにがちがうん…?みたいな。


思い返すと関ジャニズムは、当時自主レーベルを設立した彼らが「自分たちはこういうことをやっていく」というような決意表明をしたツアーだったと解釈しています。
メンバー個人のステージ、ユニット、ダンス、バンド、関西色。
アルバム曲を土台にしつつ、多面性を全面に押し出していました。


そして今回。関ジャニ's エイターテインメント。
わたしはネタバレOKなタイプなので、まずセトリを確認することからツアーが始まるのですが、第一印象は最悪でした。それはもう、まじでごめん…と謝りたくなるほど(笑)
やっぱりオタクとしては、アルバムのないツアーでは変化球を求めてしまうんですよね。カップリングとか、今までやらなかった曲とか。
だから正直、ハードルめちゃくちゃ低かったです。とりあえず楽しめればいいかと思って入りました。


だけどその気持ちは良い意味で打ちのめされました。
シングル曲、王道曲で構成されたセットリストの持つ意味を痛感したというのが今の気持ちです。
今回のツアーは言うなれば自己紹介。
関ジャニ∞はこういうことをやってきました、こういうことができます、こういうことをしていきたいです、というような。
初めて関ジャニ∞のLIVEを見る人たちに、次も来たいと思わせるためのLIVE。
それは一つの正解ですよね。
だってわたしたちオタクだけが見に来ているわけじゃないから。
アルバムを出していない、土台のないところからのツアーだから出来るんですよね。アニバーサリーのツアーでもない今、やることに意味がある。
そういう意味でのこのツアーは素晴らしかったです。

関ジャニ∞の個性は今回の方が出ていた気もするんです。

tornの王道的かっこよさ
山田の普段とは違う顔
横すばの肉体美(笑)と、楽器という強み
KINGをする村上くんの順応性
彼らの代名詞であるレンジャーコント
バンド、ダン
というようなたくさんの魅力に加えて、Tokyoholicから感じるハングリー精神。まだまだ彼らは「やったんで!!!」という気持ちをふつふつと持ち続けているという何よりの証拠に、確かに興奮と高揚感をもたらされました。

(肉体美はもはや笑うしかないくらい目に毒)


LIVE全体の流れとしては統一感に欠けるような印象を持ったところもあります。

まず、OP映像がどういう意味を持っているのかわからない。
→登場の際、OP映像ラストの衣装ではなかった
 OP映像のオマージュをレンジャーでやったのはなぜか
 関八組のコンセプトは本編に反映されていない

次に、セトリの流れがあまりスムーズでない。
→なぐりガキBEAT歌唱前の突然の「最新曲です」という旨の宣伝
 冬なのになぜ罪夏をやるのか
 レンジャーからKING、ユニットへの流れ

そして、ツアーロゴの割に大阪曲をやらない。
→え、タコマイやろうよ
 オーラスだけするんかい!
 じゃあこのロゴにしたのはなぜか


などなど…気になる点はとても多かったです(笑)
今回のツアーを通して関ジャニ∞がさらにすごくなるための課題。
それはキャッチーさとLIVEの見やすさ、クオリティの両立。これをクリアした時関ジャニ∞はすごいことになるんだろうなと。
課題は可能性。もっともっと伸びていってほしいです!ちょっとくらいアラが見つかる方がドキドキワクワクする!





という、希望的観測にまみれた今回のツアー総括でした。
すごく脈絡のない仕上がりですが、どう練り上げてもこのクオリティ(笑)
だけどすごくツアーに対する満足度は高いです!DVDが見られるのが待ち遠しいし早く夏来い!!!という気持ちです!
はあ〜関ジャニ∞が好きだ〜!!!!!
新年会見るぞ〜!!!!!

それでは!おやすみなさい!